ものづくり

Craftsmanship

創業80年、何が変わろうとも変わらない、感動させるものづくり。
IBUKIは、提案型モールダーとして、お客様の悩みに多面的な解決策を提示いたします。

金型の基本的な価値は、精度、初期性能の維持性、寿命を決める耐久性の他、短成形サイクルによる生産性や成形安定性、金型本体のメンテナンス性など、お客様共通の要求事項で決まります。量産品にとって金型は品質と生産コストの要。製作の初期費用が安いだけでは、務まりません。

お客様に対する責任品質を担保し、よりよいご提案を差し上げる。それがIBUKIのスタンス。特に、私たちが誇る2つの方策をご紹介いたします。

CE(チーフエンジニア)制度、始めます。

金型のライフサイクル全体でQCDを一人のエンジニアが責任もってマネージメントします。これにより、お客様からの問い合わせ窓口も一本化できます。また、受注前段階の技術的なディスカッションもCEが担当します。これにより、設計完 成度を高められ、最終的な手戻りも減らせます。そして、技術的なチャレンジもしやすくなる。なぜなら、IBUKIの持つ技術、経験は、金型製作にとどまり ません。成形から量産まで、先の工程を見越したフロントローディング活動も可能となります。

製造業コンサルティングファーム O2 グループ企業として

IBUKIは、製造業コンサルティングファームのO2グループ企業です。O2の持つノウハウや新たな戦略を積極的に実行していくことが可能です。 現在、試行が始まっているのは、グローバル購買の最適化。プランニングをO2が実施、協業先となる中国の金型屋や成形屋の工場監査含む実力診断は IBUKIが行います。また、O2が描くフロントローディングのプロセス変革プロジェクトに参画し、設計段階での金型・成形要件のデザイン・レビューの最適化の知恵だしを行ったりします。金型屋が金型以外で稼ぐ新しいモデル構築を目指します。

IBUKIのものづくり、一部をご紹介いたします。

大きさ

最小加工サイズ…3ミリ✕3ミリ〜2,000ミリ

IBUKIは大きな金型もできるのに微細加工もできるのが強みです。IBUKIの技術者たちの手にかかれば、3ミリ✕3ミリから2メートルまで作れないものはありません。お客様の想像可能な金型製作のほぼすべてを行なうことができます。

ハイサイクル

今や、どこでも謳われるハイサイクルですが、企業ごとに定義が異なるのが実情です。それではIBUKIにおけるハイサイクルとは?私たちでは、お客様から頂戴するターゲットタイムを短縮する提案活動そのものをハイサイクルと呼んでいます。
そのため、私たちは、お客様へ設計変更や材料選定を提案します。平均肉厚となるよう、設計変更を依頼することもあれば、冷えやすい合金の採用、仕掛けを入れることも。まさに成形にかかる時間を短縮できるのは、技術や経験、ノウハウ、これまで挑戦し続けてきた歴史があるからこそ、なのです。

成形

型締力110t〜850tまで。5台の成形機を持つIBUKIだからこそできること

IBUKIには、成形技術者が在籍しています。成形メーカーにおける量産プロセスを見越した金型づくりを行います。また、製品測定にも自信あります。測定の仕事が成形メーカーさんから入るほどです。試験成形にとどまらず、量産することすら可能です。これはかつて、安田製作所時代、量産を行なっていたからです。後工程の方々を考えた気配りのモノづくりをIBUKIは頑張っています。

加工例

IBUKIで作っている製品の多くは公開できません。未発売の製品や自動車会社、家電メーカーとの協同開発技術を取り扱っているためです。 鋳物、インモールド、ピアノブラック調など多種多様なモノづくりが可能です。
多種多様なピアノブラック調
IBUKIは長年に渡り高速金型温度制御技術の研究開発を行ってきました。現在では、ヒート&クールを活用せずにピアノブラックを実現しています。また、機械による鏡面仕上げと職人による鏡面仕上げを共存させることで、多様なピアノブラック調の演出が可能です。上部に配置された製品は、その一例です。IBUKIは2次加工レスで様々な表情を樹脂に演出します。
IBUKIならでは
例えば、SONY様のPlay StationやPSPといったコンシューマー用ゲーム機でピアノブラック調をご覧になったことはありますでしょうか。実は安田製作所時代の実績です。

ガスインジェクション
生産したい製品の肉厚が一定でなければ、樹脂の冷却時間に違いが生まれ、キレイな製品は作れません。ガスインジェクションを使いこなすことができれば、ヒケ・ソリ・変形の発生を抑え、高い寸法精度や製品の薄肉化、軽量化を実現することが可能です。

IBUKIならでは
当技術は、設備を持っているか、経験豊富な人材がいるか、それも大きな要因です。これまでにガスインジェクションを使いこなしてきた実績は、設計上の工夫という引き出しを豊富にしてくれています。
インモールド
射出成形時に文字や写真を印刷したフィルムを挟み込むことで、転写プロセスを成形プロセスと一体にすることが可能な技術です。印刷や塗装などの二次加工コストを削減することや成形品へのハードコート処理が可能になります。


IBUKIならでは
フィルムの挟み込み方にノウハウが必要です。IBUKIでは、安田製作所時代にインモールドの設備を保有していたため、インモールドを使う金型設計経験が豊富です。上部の加工例(銀色部品)はインモールドのサンプルです。
チクソモールド
マグネシウム合金を切削して作ったマグネシウムチップを成形機のシリンダーで加熱し、大気と触れることなくそのまま金型内に射出成形する技法です。型温が200度~300度になるため、摺動部の動きが熱膨張で影響受ける等通常の樹脂金型とは異なる知見が必要です。IBUKIでは20年に渡りチクソーモールドに関わっています。
IBUKIならでは
当技術を用いた金型は、金型屋におけるメンテナンスに難しさがあることもあり、開発する金型メーカーが少なくなりつつあります。IBUKIでは、これまで育ててくださったお客様のためにも、今後も技術を承継してゆきます。

設備ギャラリー